【在宅ワーク】ライティング業務・成功するコツ[実体験から紹介]

主婦向けの在宅ワーク

在宅ワークで気軽にするならライティング業務がおすすめ。今回は個人的な実体験からライティング業務のメリット・デメリットやどういった人におすすめかまとめているので参考にしてください。

【副業】ライティング業務のメリット・デメリット

私は体が弱く、また静かな環境でコツコツ仕事をするのが得意なタイプだったこともあり、かねてより、「自分には在宅での仕事の方が向いているのではないか」と考えていました。また、社会人生活にある程度慣れてきて、「もっと自分に合った、自分の特技を活かした仕事を見つけたい」という欲も出てきました。

そこで在宅ワークについて調べていたところ、クライアントからの募集や依頼によって記事を作成・納品する、ライティング業務というものがあることを知りました。

私は昔から、作文など文章を作成することや本を読むことが好きだったので、この仕事なら私にもできるのではないかと思い、思い切ってクラウドソーシングサイトに登録し、まずはタスク作業から着手してみました。

それに慣れてきたらプロジェクト形式の仕事も始め、だんだんとクライアントから依頼を受けて仕事をしたりもするようになりました。

ライティング業務とは

ライティング業務は、文字通り「文章を書く(ライティング)」仕事です。パソコンがあり、常識的な文章力やある程度タイピング能力があれば誰でも始められる仕事なので、副業の中でも敷居が低い方だといえます。

しかし、当然ながらただダラダラと文字を打っていけば良いというわけではありません。一口にライティング業務といっても、その中には「情報を調べ、整理し、読者が読みやすいよう・興味を持ちやすいよう組み立て直して文章に起こす」というような細かな仕事が含まれているのです。

特に、自分が作成した記事の内容が正しいかどうかという点が重要なので、記事を作成するときには責任を持ってきちんと下調べをし、誤りのない文章を作る必要があります。

どうして在宅ワークなのか?

私が副業を始めた動機は、在宅ワーカーになって心身ともにゆったりとした時間をもっときちんと作りたい、そのための足掛かりを作りたい、というものでした。

しかしそれは甘い考えで、ライティング業務ももちろん立派な仕事なので責任を持って果たさなければいけませんし、ライティング業務を「副業」に据えるのであればしっかりとした納期やクライアントがあり、副業に縛られるような場面も多々出てきます。

そのため、当たり前ですが、本業のみに従事していた頃よりも、気が付いたら心身ともに疲弊した状況になっていました。なので、考えた結果、副業はスッパリ辞めて本業にのみ専念するようになりました。

在宅ワークで成功するコツ

今はライティング業務の副業からはある程度距離を置いていますが、1年ほど真剣にライティング業務に励んでいたこともあり、文章を考える力・組み立てる力が確実に培われているのを実感しています。

おかげで、ビジネスシーン・プライベート問わず楽になったと感じる場面が多々ありますし、少しお小遣いが欲しいなと思った時には気軽にタスク作業のライティング業務に着手し、少しのお金を得ることができます。

ライティング業務のコツは、とにかく数をこなすことだと思います。いくつも記事を作って行くうちに、おのずと作成のパターンなどが見えてくるでしょう。

どういった人におすすめ?

まず、文章を書いたり読んだりするのが好きな人に向いています。ライティング業務は主にパソコン上でやり取りをしますから、仕事も文章、クライアントからの指示や希望も文章で文章まみれになります。

その状況を苦に感じないことが前提です。ひとりでコツコツ作業するのが得意な人にも向いていますが、業務の中では、仕事の依頼を受け・それに対する可否や納期の連絡をしたり、文章の修正依頼を受け・修正したものを再納品したりと、クライアントとやりとりする場面も出てきます。そのため、ある程度のコミュニケーションが苦痛なくこなせる人に向いています。

タイトルとURLをコピーしました