AmazonFBA倉庫と自社倉庫を徹底比較

AmazonFBAはお得?せどり、転売について
AmazonFBAは実はおとくでななく手数料が高いので自社倉庫の方が利益は出ます

転売するならどちらが良い?

AmazonFBA倉庫と自社倉庫を徹底比較

 

こんにちは。

転売をしていく上で仕入れた商品を置いておく保管場所は大きな問題になってくるわけですが、特に副業で転売を行っている人はFBA等を使って、保管場所などの問題をクリアしている場合が多いです。

 

FBAというのは、フルフィルメントby Amazonといって、Amazonが持っている世界屈指の配送システムを活用することで、注文処理や出荷、配送、返品等をすべて行ってくれるサービスの事です。

 

もちろん商品はAmazon倉庫で預かってくれるので、FBAを使っている場合は、

ただ商品を仕入れてAmazon倉庫に送ればよいことになります。

 

これに対して自社倉庫というのは、仕入れた商品をAmazon倉庫などには送らずに、

自社(もしくは自宅)で保管することを指します。

 

その場合は、お客様の注文を受けてから、商品の梱包、発送を自分で行うことになります。

 

ここまで聞くと「FBAを使った方が絶対に得!」のように思ってしまうかもしれませんが、実は自社倉庫に在庫を保管して自己発送することで得をする部分はかなり大きいです。

 

ここからは、Amazon倉庫と自社倉庫のそれぞれのメリット・デメリット、また自社倉庫を使って在庫を保管する際のポイントなどを解説していきたいと思います。

 

Amazon倉庫を使うメリットとデメリット

 

Amazon倉庫は転売を行っている多くの人が活用しています。

ただ正直、Amazon倉庫を使って転売をしている人のほとんどが

「他に比較対象がないからなんとなくFBAを使っている」という状態だったりします。

 

ここではAmazon倉庫を使うメリットとデメリットについて解説します。

 

Amazon倉庫を使うメリット

 

Amazon倉庫、つまりFBAを使うメリットは何と言っても「圧倒的に楽」という点です。

転売を行う上での悩みとして、特に副業の人に多いのが、転売をする時間が全く取れないということです。

 

店舗に仕入れに行って商品をリサーチする時間すらも捻出が難しいのに、更に自宅に帰ってからの発送作業等を考えると、全てを自分でこなすのは厳しい面があると言えます。

 

FBAを使うことによって、会社で仕事をしている間であっても、注文があればAmazonの方で処理をしてくれるため、仕入れ作業に集中することが可能になります。

 

多くの人がFBAを活用しているのも納得です。

 

 

Amazon倉庫を使うデメリット

 

Amazon倉庫を使うことのデメリットは「自社倉庫からの自己発送よりも手数料が高くなることが多い」という点です。

 

転売の情報発信者もFBAを使用することを前提に記事などを書いていることが多いので何の疑いもなくFBAを使っている人が多いですが、より利益を出していきたい場合は手数料の部分にも目を向けていく必要があります。

 

自社倉庫を使うメリットとデメリット

 

自社倉庫や自宅に商品を保管して・・・というとネガティブに受け止めてしまう人も多いと思います。

 

部屋に商品があふれかえっているイメージや、家族に嫌がられるというイメージが正にそれです。

 

ただ、自社倉庫を活用するのでもメリットとデメリットがありますので、こちらも解説していきます。

 

自社倉庫を使うメリット

 

自社倉庫から発送することのメリットは3点あります。

 

・手数料が少なくなる

 

自社倉庫から自己発送をする場合は「販売手数料」だけしかかかりません。

 

それに対してFBAを使う場合は「販売手数料」「配送代行手数料」「在庫保管手数料」がかかってくるため、商品を長期に保管する場合などは自社倉庫の方がメリットがあると言えます。

 

また、Amazonだけではなく楽天やメルカリ等のプラットフォームで商品を販売する際にも、Amazon倉庫から発送する場合は、「Amazonからも手数料を取られ、他プラットフォームからも手数料を取られ・・」という状況に陥ってしまいがちなので、こういった場合は自社倉庫から発送した方が大分利益が大きくなります。

 

・小型の商品であれば利益が大きくなる

 

自社倉庫から商品を発送する場合は、発送方法を自分で決めることができます。

そのため、クリックポストや定形外郵便などを使っていくことで利益を大きくしていくことが可能となります。

 

・すぐに商品を販売することが可能

 

FBAを使う場合は商品を仕入れても、販売するまでの間に少し時間がかかってしまいます。というのもAmazon倉庫に商品を発送して届くまでに時間がかかるからです。

 

それに対して、自社倉庫に商品を保管する場合は、仕入れをしてからすぐに商品を販売することが可能になります。

 

商品によってはこの1~2日の差で売れ行きに大きな差が出てくるものもありますので、このスピード感は大きなメリットと言えます。

 

自社倉庫を使うデメリット

 

ここからは自社倉庫を使うことのデメリットについて解説していきます。

 

・スペースが埋まってしまう

 

自社倉庫もしくは自宅で商品を保管するということは、当然、それだけのスペースが必要になってくるということです。

 

特に自宅の場合は部屋が一つ埋まってしまうこともあるため、この点はデメリットと言えるでしょう。

 

・手間がかかる

 

まず注文が入ってから、商品を探し、梱包し、発送するという手間がかかってくるのが自社倉庫を使った転売のデメリットと言えます。

 

そのため、大量の商品注文が入った場合は、それをさばくのに多くの労力を使います。

 

・FBAに比べると売れ行きが落ちる

 

これはどうしてかというと、FBAを使った商品の場合「プライムマーク」がついて、購入者の信頼度が増すためです。対して自社倉庫からの自己発送商品はマークが付かないので、その分FBAの商品よりは目立たなくなります。

 

 

 

利益を最大化するための自社倉庫活用術

 

ここまで、Amazon倉庫を使う場合と自社倉庫を使う場合のメリットとデメリットを解説してきました。

 

すごく大雑把に言ってしまうと、

「楽をするならAmazon倉庫」「利益を上げるなら自社倉庫」ということです。

 

そこでここからは「少しでも利益を上げていきたい!」という人に向けて自社倉庫の活用術について解説していきます。

 

・上の空間を活用する

 

自社倉庫や自宅で商品を保管しようとすると、どうしてもスペースの問題が出てきてしまいます。

 

実は多くの人が床一杯に商品を置いてしまって収集が付かなくなってしまっている状態に陥っているのですが、この状態は上の空間を上手く使うことで解決することができます。

 

例えば、上の空間にも商品を置けるように棚を配置したりすると、保管できる商品の量を一気に増やすことが可能になります。

 

自宅で商品を保管する際は割り切って、部屋を倉庫として作り替えてしまってもいいかもしれません。

 

・商品の置き場所がすぐに分かるようにする

 

自社倉庫を使う際に問題となってしまいがちなのが「商品を見つけられない」という点が挙げられます。

 

50品くらいの保管であればすぐに分かるかもしれませんが、在庫の量が何百、何千になってくると、注文があった際に商品を見つけるだけで一苦労になってしまいます。

 

そのため、どの商品がどこにあるのか分かるように、ラベルなどを活用していくことが重要になります。

 

・商品を保管する箱のサイズを合わせる

 

同じ大きさのダンボールを使って収納することでデッドスペースを無くすことができるようになります。

 

50坪のスペースに4万点の商品を格納する際の収納方法のコツを動画で説明していますので参考にしてみて下さい。

【極秘!物販せどりメルカリ転売必見】自社 物流倉庫大公開!Amazon倉庫 FBAよりお得?転売 せどりされている方は参考にして下さい

まとめ

 

自社倉庫を使った転売は「作業が大変」というデメリットはありますが、「利益を最大化できる」というメリットもあります。

 

また、Amazon倉庫を使っていた場合、Amazon側の値上げなどに大きな影響を受けてしまうため、今から自社倉庫の活用も選択肢に入れてみて頂けたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました