動画編集はこれからの時代、副業で稼げる?5Gの時代にはニーズは高まります

1日2時間の空き時間でできる副業

【副業推奨】動画編集で稼ぐ流れを解説

近頃はyoutubeをはじめとした動画系コンテンツが盛況です。
これから5Gの時代が来るという流れもあって、今後、動画系コンテンツは確実に伸びていくと予想できます。

上記の流れを踏まえて、もちろん動画を投稿する人の数も増えていくと思いますが、それに伴い

「動画編集」

仕事のニーズも高まっていくと考えられます。

実際に一昔前のyoutube動画はお世辞にもあまり見やすいものではなかったのに対して、今のyoutube動画は
テロップや効果音などの編集が施されていて非常に見やすいものが多くなっています。

それに伴い、youtubeを閲覧する人も確実に増えてきているため、きちんと編集されている質の高い動画の
ニーズは高まっているといえます。

まさに動画編集は間違いなく伸びていく市場といってもいいでしょう。

動画編集に興味がある人や、副業がしたくても何をしようか迷っている人は是非この記事を最後までお読みください。

動画編集とは?

動画編集とはどういった仕事なのかというと、「映像の中にテロップを入れたり、映像をカットしてつなぎ合わせたりと、動画を作るための様々な作業を行う」というものです。

こういった仕事は一昔前まではテレビや広告等で映像の編集者がやる仕事でした。
ただ、今ではyoutubeなどの影響で、個人でも動画編集をするのが珍しくなくなりました。

もちろんyoutubeがここまで市民権を得る前まではそれなりに動画編集は難しく、苦労してやっとできるようになるという状況でしたが、
近年では動画編集が簡単にできるソフト等も出てきているため誰でも手軽に動画を作り、youtubeにアップすることが可能となっています。

ただ、それでも動画の企画を作り、撮影をして、更に編集をするとなると膨大な時間が必要となってしまうため、
「ユーチューバーの動画編集の代行」「企業の商品紹介の動画作成」のような動画編集の仕事が今どんどん増えてきています。

動画編集の仕事をおすすめする理由

なぜ今、動画編集の仕事をおすすめするのか、その理由を3つ挙げてみたいと思います。

①これから動画市場が伸びてくる

2020年には5Gの時代が来て、動画を全く何のストレスもなく見ることができるようになります。

というのも現状の動画視聴者は通信制限を気にしながら動画を見なければなりません。
見たい動画があるけれども、今月はこれ以上動画を見てしまうと制限がかかってしまう・・・
このような状況があるわけです。

ただ、5Gの時代になると制限はなくなってくるので、動画を見られる機会というのは爆発的に増えてくると言われています。

また、動画は写真や文章とは違って情報量が多いため、マーケティングのツールとしても注目されています。

ネットの動画広告であれば視聴者数や広告の再生数なども把握することができるため、企業にとっても便利なツールとなっており、
ニーズは大きく高まっています。

②スキルを持っている人材が少ない

確かに動画編集は以前のテレビマン等だけが行っていた時代に比べると身近になってきています。簡単な加工であればほとんどの
人ができたりします。

ただ、まだ動画編集で仕事を請け負えるほどの人材が少ないというのが現状。
動画市場がこれから伸びてくるのは確実なのに対して人材が不足しているということは、これからは動画編集が出来ると仕事を
得られる絶好のチャンスということです。

また、人材が不足しているということは、仕事一件あたりの単価も高くすることが可能になります。そのため、時間があまり取れない
副業として仕事を始めても十分に稼ぐことができます。

③動画編集は誰にでもできる

先ほど動画編集をすることが出来る人は少ないと言いましたが、実際にやってみるとそこまで難しいことはありません。

簡単なカットやテロップ入れなどであれば、数日勉強すればできるようになります。
また、youtubeで使用されるくらいの動画編集であれば、1週間もあればできるようになるというのが実情です。

もちろん細かい動きや凝った編集というようにマニアックなことを追求しようとすれば、それなりの長い期間が必要かもしれませんが、
経験を積んでいけばどんどん編集スキルはついていきますので、まずは基本的なスキルを身に付ければ十分です。

基本的なスキルを身に付けた上で、様々な動画を見てみたり、色々なジャンルの動画を編集してみたりして場数を踏んでいくことが重要です。

編集のセンスなども人によって変わってくるので、自分なりの編集を確立できれば強いです。

動画編集をしたいけどまずはどうしたらいい?

動画編集で稼ぎたいと思った時に、勉強の仕方は何通りか存在します。

①動画編集の専門スクールに通う

動画編集の高いスキルを身につけてライバルと差別化したいという人や、初めから誰かに丁寧に教えてもらいたいという人には、
専門スクールがおすすめです。

スクールであれば映像作成や動画編集などの広範なスキルを効率よく学ぶことができます。
たとえば「テックアカデミー」であれば、数ヶ月でこういったスキルを学べるプログラムが組まれています。

また、スクールを活用することで、お金がかかる分ストイックに学ぶことができます。
一人だとなかなか勉強できないという人にはおすすめです。

②独学で勉強する

今ではCMやyoutubeで動画を見る機会はたくさんあり、そこで使われている編集をマネして勉強していくことでスキルアップすることが可能です。
いわゆる見取り稽古というわけですね。

もちろん独学だと時間はかかってしまうかもしれませんが、自分のペースで動画編集のスキルを身に付けていきたいという人や、
どうしてもお金がかけられないという人は、独学で勉強するのがおすすめです。

また、youtubeで検索してみると、動画編集に必要な編集方法などを教えてくれる動画があったりするので、分からない部分を
調べながら勉強することが可能です。

ここまで2つの動画編集の勉強方法を紹介しましたが、自分のライフスタイルに合わせて選択していけば良いと思います。

動画編集の仕事をするためには

動画編集の仕事をするためにはどうしたらいいのか、3つの方法を紹介していきたいと思います。

①ユーチューバーの動画編集を代行する

今、ユーチューバーとして生活している人は何百人といます。この人達がそれぞれの動画全てに編集を加えようとすると
時間がいくらあっても足りません。

そのため、動画編集は外注するというユーチューバーが増えてきており、動画編集代行のニーズは高まり続けています。

仕事の獲得方法としては、自分の作品をSNSにアップして、そこからユーチューバーに直接営業をかけるという方法があります。

ユーチューバーの動画編集の相場は一本当たり3000〜5000円で、もし一人のユーチューバーの専属編集者等になることができれば、
月に30万円以上稼げることも可能になってきます。

②クラウドソーシングを利用する

動画編集の仕事は、アプリやネット上で検索することができます。クラウドソーシングを利用することで動画編集を探している
依頼主はすぐに見つかるので、簡単に仕事を探すことができます。

内容としても、料理系、旅行系、ビジネス系などの様々なジャンルがあるので、自分の得意なジャンルの編集を探して取り組むことも可能になります。

クラウドソーシングで人気のサービスとして「クラウドワークス」や「ランサーズ」があるので、登録だけでもしておくと良いと思います。

③エージェントに登録する

エージェントとは、個人のスキル等にマッチした仕事を紹介してくれるというサービスです。ここに登録することで動画編集の仕事を早く見つけることができます。

エージェントとしては「レバテックフリーランス」「ミッドワークス」などがあります。

まとめ

ここまで、副業にもぴったりの「動画編集」について紹介してきました。
在宅ですることができるので主婦の方にもサラリーマンの方にもおすすめです。

動画でも解説していますのでこちらも参考にしてみて下さい。

【初心者向け動画編集で稼ぐ流れ~5Gの時代はもうすぐ~】YouTuberで編集が回ってない人が多すぎる。今からでも十分間に合うからまずは動画編集で稼ごう!

【初心者向け動画編集で稼ぐ流れ~5Gの時代はもうすぐ~】YouTuberで編集が回ってない人が多すぎる。今からでも十分間に合うからまずは動画編集で稼ごう!
タイトルとURLをコピーしました